肌の大敵、シミ。年齢と共に、気が付けば濃くなっていたり、広がっていたり・・・。なんとか目立たないようにしようと思って、ついついファンデーションを厚く塗って隠したりしていませんか?

 

でも、顔などに出来たシミは、きちんと早めに対処すれば消すこともできます

 

というのも、肌は日々、代謝によって生まれ変わっているからです。今、色素が沈着してシミとなってしまった肌も、新しくキレイな肌に生まれ変われば、シミを消すことも可能です。

 

今回は、肌の生まれ変わりを促進したり肌の調子を整えたりして、シミを薄くする食べ物を紹介いたしましょう。

 

シミが消えないのはなぜ?

まずシミの原因について、おさらいしておきましょう。肌は毎日の代謝によって生まれ変わっているはずなのに、いつまでもシミが残ってしまうのはなぜでしょうか?

 

確かに、年齢を重ねるごとに肌サイクルは遅くなりますが、それでも数か月で細胞が入れ替わっているはず。それなのに、依然として肌のシミは残ったまま。

 

その原因の一つは、肌のコンディションの悪化にあります

 

肌がダメージを受けてコンディションが悪化すると、皮膚中のメラノサイトがいつも黒色メラニン色素を作りだす状態となります。代謝(ターンオーバー)で肌が生まれ変わっても、メラニン色素を作り出す肌質が出来てしまっていると、いつまでもシミが残ったままという訳ですね。

 

シミを消すために

シミを消すために大切なことは、肌の健康を改善して良い状態を維持することです。そうすれば、肌がメラニン色素を作らなくてもOK!という状態になります。

 

肌の健康を維持して、生まれ変わり(ターンオーバー)を促進すれば、シミも徐々に薄くなっていくはずです。

 

肌の健康を維持するためには、

  • 紫外線などのダメージを避けること
  • 肌に良い栄養素を摂取すること

が大切になってきます。

 

肌に良い栄養素と食べ物

ビタミンC

肌に良いという成分の代表格がビタミンCですね。

 

ビタミンCの働きは、

  • しみやそばかすの原因であるメラニンの過剰発生を抑える
  • 紫外線によってダメージを受けた肌の炎症や活性酸素を抑える
  • ニキビの原因となる皮脂の過剰分泌を抑える
  • ニキビ跡の色素沈着を抑える
  • 肌のハリに必要なコラーゲンを作って、しわを予防改善
  • 肌の代謝を促しキメを整えることで、くすみを取る

 

これだけの働きがあるビタミンC。肌のことを考えると、欠かせない成分ですよね。是非積極的に補給していきたいところです。

ビタミンCを多く含む食べ物
ピーマン、ブロッコリー、芽キャベツ、ゴーヤ、パセリ、パプリカ、いちご、レモン、アセロラ、キウイフルーツ、柿、みかん、オレンジ

 

ビタミンCは水溶性であり、体に溜めることが難しいです。ですから、ビタミンCを取る時は、一度に大量に摂取するよりも、数回に分けて摂取した方が効率よく吸収することができます

 

また、要注意なのは、ビタミンCを摂る時間帯です。基本的には夕方や夜に摂取するようにしましょう

というのも、ビタミンCには光毒性を持つ「ソラレン」があるからです。このソラレンの作用によって、ビタミンCを摂ってから数時間以内に紫外線を浴びるとシミができやすくなってしまうことがあるそうです。ですから、朝や昼間にはビタミンCを摂り過ぎない方が良さそうですね。

 

βカロチン

緑黄色野菜に多く含まれているβカロチンも肌に良い栄養素です。βカロチンは、強い抗酸化物質で、肌の炎症・メラニンの沈着を抑制する働きがあるといわれています。

さらに、βカロチンは、肌の代謝を向上させるビタミンAに変換されます。肌の代謝を向上させれば、しみ・しわの予防にも繋がりますよ。ビタミンCとβカロチンを一緒に摂取するようにすれば相乗効果によって、肌に良い働きが期待できます。

βカロチンを多く含む食べ物
ほうれん草、にんじん、カボチャ、モロヘイヤ、にら

 

Lシステイン

Lシステインはアミノ酸の一種で、代謝を促し沈着したメラニンを肌から排出するサポートの働きがあります。

美容のためには、しっかりと摂取したいLシステインですが、食べ物から摂取するのは難しいことが知られています。食品から摂取するには「メチオニン」を摂るようにしましょう。体内でメチオニンからLシステインが合成されます。

メチオニンを多く含む食べ物
牛乳、チーズ、牛肉、豚肉、鶏肉、豆腐、納豆、しらす、マグロ

 

ビタミンE

肌に沈着した色素を排出して、シミを薄くしたいならビタミンEは、是非摂取したいところです。

ビタミンEには、肌の代謝(ターンオーバー)を促す働きがあります。また、細胞の老化を防ぐアンチエイジングの効果も注目されており、若返りのビタミンと呼ばれることもあります。肌のツヤを良くし、くすみを改善したいなら、積極的に取り入れていきましょう。

ビタミンEを多く含む食べ物
油類(ひまわり油、小麦胚芽油、トウモロコシ油など)、ナッツ類(ピーナッツ、アーモンドなど)、アボカド、ブロッコリー、ほうれん草、かぼちゃ、うなぎ、はまち、いくら、たらこ

 

セラミド

セラミドは、敏感肌や乾燥肌対策として、化粧品などにも配合されている成分です。紫外線などの刺激から肌を守り、潤いを保つ効果があることで知られています。また、メラニンの過剰な発生を抑制する働きも期待できます。

セラミドを多く含む食べ物
こんにゃく芋、米ぬか、小麦、大豆、牛乳、黒豆、小豆、ヒジキ、わかめ、ごぼう

 

リコピン

トマトに多く含まれることで有名なリコピン。リコピンはカロテノイドと呼ばれる色素の一種です。カロテノイドには、強い抗酸化力があって、活性酸素を取り除いてくれる働きがあります。そのため、活性酸素による肌の酸化を軽減し、美白効果が期待できます

その他、高い抗酸化力によって、ダイエットや、動脈硬化の予防、癌の予防などにも効果もあると報告されています。美白・美肌のためだけでなく、健康のためにも是非とも摂りたい成分ですね。

リコピンを多く含む食品
トマト、ミニトマト、ピンクグレープフルーツ、スイカ、ニンジン

 

肌に良い成分は取りにくい??

肌のために積極的に取り入れたい成分・食品をご紹介しましたが、これらの成分をキッチリとるのは意外に難しいことがあります。

 

例えば、ビタミンCは、熱に弱く壊れやすい性質、水に溶けて流れやすい性質があります。野菜などを茹でるとビタミンCの量が減ってしまうのですね。

 

また、美肌のために積極的に摂りたいLシステインも食べ物から多量に摂取することが難しい成分として知られています。Lシステインは、準必須アミノ酸として扱われる場合もあって、欠乏しやすいのです。

 

しっかり摂るにはサプリでサポートするのも1つの方法

理想は、しっかりとした食事でLシステイン、ビタミンC、ビタミンEなどなどの栄養素を摂取したいところです。とはいえ、やはりバランスのとれた食事を維持するのも一苦労ですよね。

 

そんなときは、補助的にサプリを活用して栄養補給をすると、効率よく肌を改善することができるはずです。当サイトでは、オススメのサプリを紹介していますので、これらを活用するのも1つの方法です。

サプリ・医薬品 美白におすすめランキング