お肌の美肌効果で知られるLシステインですが、肝臓にも良い影響があります。

女性に引っ張りだこですが、お酒を好きな男性にも大きなメリットがあります。

 

アルコール分解で消費されてしまうLシステイン

アルコールは胃で20%、肝臓で80%が吸収されます。
肝臓でのアルコールの変化が次の通りです。

アルコール→アセトアルデヒド→酢酸→水、二酸化炭素

このプロセスでLシステインが大活躍して、アルコールを飲む機会が多い人は不足しがちになるのです。

アルコールに強い人
上の順序で二番目のアセトアルデヒドですが、アルコール自体より何倍も毒性が強い物質です。
この物質を分解するのが脱水素酵素(ALDH)で、この働きが強い人がアルコールに対して強いという事になります。
アルコールの分解で、最終的には無害な水と二酸化炭素にしてしまいます。

Lシステインの代謝物|グルタチオン

肝臓でお酒を分解した後、Lシステインはグルタチオンを生成します。
主な働きとして、抗酸化作用があります。
その上肝臓機能の保護、アルコール性脂肪肝予防なども期待できます。

 

Lシステインの代謝物|タウリン

先述のグルタチオンと同様にタウリンも生成されます。
タウリンもアミノ酸の一種で、肝細胞の再生をします。
また、コレステロールの分解を促します。
アルコールの分解酵素を助け、分解を促進します。

 

飲酒時の二日酔い対策に有用なLシステインサプリ

アルコール分解を早める事や、肝臓を保護する事からLシステインは二日酔いの予防に重宝されています。
Lシステインを飲むタイミングについてはお酒を飲む前と飲んだ後に飲む事が、二日酔い対策になります。

 

アセトアルデヒドを低下させる効果も

実験でLシステインの摂取により、飲酒中もアセトアルデヒドが低下する事が実証されました。
飲酒開始でまずLシステインを飲み、アルコールに強い人と弱い人で胃液中のアセトアルデヒドの濃度を計測したのです。
結果は、アルコールに強い人では67%の低下、アルコールに弱い人でも60%低下を確認できました。
Lシステインが、アセトアルデヒドをいかに速く分解するのかが実証されたわけです。
また、少しずつ溶けるLシステインを摂取する実験では、胃液中でアセトアルデヒドを分解する効果が2時間以上継続しました。

 

摂り過ぎないことも大切

肝臓を守ってくれるLシステインですが、新しい検証で糖尿病を助長させるという事が判明しました。
Lシステインに頼り過ぎないという事が上手な使い方と言えそうです。