「しみ・そばかすに飲んで効く」というキミエホワイトがキミエホワイトプラスにリニューアルされました!キミエホワイトプラスは、第3類医薬品としてしみ・そばかす・色素沈着などに対する効能・効果が認められています。

 

ここでは、キミエホワイトプラスの効果や口コミをご紹介していきます。

 

キミエホワイトプラスの特徴

キミエホワイトプラスは、シミの原因である黒色メラニンに効きます。

リニューアルしたことによって、シミ・そばかすを単に「緩和する」だけでなく、「治す」ことができるようになりました。

 

こんな方におすすめ

  • 増えるシミ、広がるシミ、濃くなるシミにお悩みの方
  • シミのせいで実年齢よりも年上に見られてしまう方
  • メイクでシミを隠している方
  • すっぴんに自信を持ちたい方

 

成分や効果は?

L-システイン 240mg

黒色メラニンの生成を抑える働きがあります。また、皮膚のターンオーバーを促し、メラニンの排出を促進します。

240㎎は医薬品として承認基準の最大量です。

アスコルビン酸 500mg

アスコルビン酸は、美容には欠かせないビタミンCのことです。

Lシステインと共に、黒色メラニンの発生を抑えてくれます。

パントテン酸カルシウム 24mg

パントテン酸カルシウムは、いわゆるビタミンB5です。

肌の代謝には重要な成分で、ターンオーバーを助けてくれます。

 

これらの有効成分の働きで、

  • 黒色メラニンを作らせない
  • 肌の生まれ変わりを促進させる
  • 黒色メラニンを肌から排出する

の効果が期待できます。その結果、肌を徐々に明るくし、しみ・そばかすを薄くすることができるというわけです。

医薬品として認められている効果
  • しみ・そばかす
  • 日焼けなどの色素沈着
  • にきび
  • じんましん、しっしん、かぶれ
  • 全身倦怠、二日酔い

 

飲み方

15歳以上の場合、1日3回、1回1錠です。食後に服用するようにしましょう。

糖衣錠ではなく、フィルムコーティングなのでシュガーレスで飲みやすいです。

 

実は、有効成分だけ比べると、ハイチオールCプラスとほとんど同じですね。

Lシステインは、ある程度の期間、続けて飲むことが大切ですので、ご自身が飲みやすいもの、体に合うものを選ぶとよいでしょう。

 

「どのくらいの期間飲み続けるといいの?」って気になりますよね。一般に肌の代謝のサイクルは28日と言われていますので、少なくとも1か月は飲むことがおすすめです。販売元の富士常備薬では、「42日+年齢」の期間の服用を勧めているようです。例えば40歳の場合、42+40=82日間ということですね。

 

口コミ情報は?

キミエホワイトプラスの口コミ情報をご紹介します。

40代女性
1回1錠ですし、フィルムコーティングで飲みやすい点が良かったです。ハイチオール、ミルセリンホワイト、トランシーノなど色々試しましたが、私にはこちらが合っているみたいです。
30代女性
1か月飲み続けたところ、シミが薄くなってきました。ただ完全に消えたという感じではありません。他のシミ薬も試して比べていこうと思います。
30代女性
半年ほど続けています。劇的な効果は感じませんが、ニキビが改善し肌の調子はいいみたいです。
40代女性
服用3か月。全然効果を実感できないという口コミもあるようですが、どうやら私には合っていたみたいです。他社の製品も試していますが、こちらを服用してソバカスが薄くなりました。

 

通販情報

93錠(約1か月分)の通常価格は、4,200円(税抜)ですが、初回は1900円の特別価格でお求めいただけます。